忍者ブログ
★★★関連の鈴黒の落書きや呟き、裏設定置き場

2017

1019
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2014

1223
最終回、終わったぁああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁあああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!

いやー、よかったよかった。そしてこぼれ話でもしましょうか。(お茶ずずず)



・メイビーについて

まぁなかなかにヘイトをもらいましたメイビーさんについてちょいちょい話そうかと、

こいつは普通のラスボスと違って本当に愉快犯であり、爆発、吹雪、竜巻、地震や乱射魔法、etc、使ってくる超鬼畜言霊使いでした。(だから行動するかどうかはランダムで全て決めていました…。ランダムが荒ぶれば、本当にミッション失敗があったから…)(しかも一応こいつ布陣持ちだったから、桃樹の攻撃力があれ以上アップしてた可能性もあったというね…)

もし、赤蛇より先に桃樹に攻撃したり、意識を取り戻すように説得したり(例:念話など)をすれば、呪狼状態の桃樹はPCたちの味方になりました。そしてそのままメイビーたちと対峙して、「超本気バージョンメイビー」と戦うことになりました(桃樹に攻撃しない、っていう判断をすっかり頭から抜けてました)(ので、今回は鱗片すらだしませんでした…)

メイビーさんはガチ目に桃樹たちをからかっただけであり、それ以上に何も考えてません。もし冒険者たちが負け、封印失敗して、桃樹が呪狼になっても、「我、しーらない☆」で放置していろんな人を殺し回ってもニヤニヤして見るだけで止めないというかなりひどいやつ

朱鷺とは、本当に親友でした。 最終回の最初のマスターシーンに関しても朱鷺は「メイビーも大好きッ!」って言ってるのに嘘はないです。
ただ、メイビーにとって彼女の死に関しては未知の感情であり、人々に怒りを感じるわけでも、悲しみを感じるわけでもなく、「あぁ、こんなものか」と落胆してしまったのです。自分が感じた感情を自分で勝手に全く違う感情に当てはめ、そこで自己完結してしまった、…というのを表現できてたらいいな!!(願望系)(なんとなく、モフラさんの「お前の失望はなんぞや?」がこれに含まれてた気がする)

まぁ、親友といっても、殺し合いして仲を深めている系の親友という設定が(何)


・ざくろについて

今回ミッション成功失敗によって生死が決まってたざくろさんです。

もちろん、失敗したら殺す気でした。タイミングよく猫化の魔法を解いて、ひとりひとりに感謝と謝罪を遠まわしに伝えて、自らの命を使って桃樹の呪術を封印する…という役割を関連NMに出した当初から決めていました。

実はこのNPC、だいぶ関連NM登場当初の立ち位置から今の立ち位置がかなり変わってます。
最初はこの子をまず対立させ、ボロボロにさせまくろうっ!とかアホなこと考えてましたが、意外に(?)人気だったため、「あれ、このまま自分が作った軌道上に乗せるとやばいよね」って思い直して、だいぶ関連NMの路線変更をしました。ついでにデレさせる気がなかっただなんてそんな(ry


最後のランダム結果により、「街に出てくるNPC化」になりました。(PC化はなし)(もしかしたらたまに見かけるかもしれない)
(実は、ざくろちゃんも布陣持ちでした)(使う出番無かったけど!!)

・桃樹の呪術について

今回封印した呪術について、ですが、呪術の効果は前に曼珠さんの診療所で解析されたとおり「肉体強化」「硬化」「感情暴露」「精神暴走」などなどです。途中理性が戻ったあとの桃樹の暴走で皆さんの声が届かなかったのは、こういう効果があったせいなのが大きいです。はい。

そしてこの呪術が解呪されるかという話ですが… できません。


彼は一生、この呪術に苛まれながれ生きていきます。もし、もう一度封印が解けるような自体があれば、彼は迷わず自分を犠牲にすることを選ぶ、と決意してしまっています。

ギルテさんは桃樹が普通のように生きれば、といいましたが、彼にとっての普通は限りなく異常に近いもの、になったのかもしれません。

まぁ、ぶっちゃけそんな話をNMでもう一回、とかしませんよ。面倒くさい(ぉぃ)
こっからは彼が物語上何かするでしょう。多分。

…なんだこの乱文の嵐は(読み返した)(けど直す気ナシ)(ぉぃ)


まぁ、こんなグダグダで終わってしまいましたが、終わってよかった…。
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Font:
Mail:
URL:
Comment:
Pass: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
忍者ブログ [PR]
* Template by TMP